クリックして 【「表現の不自由展」及び《平和の碑》展示中止反対 署名】に参加する ※別サイトへ移動します

名古屋市長河村たかしへの抗議文ならびに謝罪要求書のみほん

名古屋市長河村たかしへの抗議文ならびに謝罪要求書のみほん

名古屋市長 河村たかし様

抗議文ならびに謝罪要求書

1.8月2日の「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う」発言と大村秀章愛知県知事に平和の少女像の作品展示を即刻中止するよう求めた行為について

日本軍性奴隷制問題(いわゆる「従軍慰安婦」問題)の事実は1993年8月内閣官房外政審議室が発表した「いわゆる従軍慰安婦問題について」という調査によってその存在と実態を既に認めており、そのことは多くの「国民」や専門家が認めていることである。河村たかし名古屋市長の発言はこのような政府見解を踏まえおらず歴史的事実を直視しないことの表われだけではなく、何よりも日本軍戦時性奴隷制度(いわゆる「従軍慰安婦」問題)の被害者の尊厳を何重にも冒涜する発言である。よって日本軍性奴隷制問題(いわゆる「従軍慰安婦」問題)の被害者に謝罪せよ。また作品展示の即刻中止要求が憲法の禁ずる検閲にあたることを認め、あいちトリエンナーレ2019実行委員会と企画展「表現の不自由展・その後」の実行委員会ならびに作品出展者に謝罪せよ。

2.8月3日平和の少女像展示についての「『数十万人も強制的に収容した』という韓国側の主張を認めたことになる。日本の主張とは明らかに違う」「(企画展を)やめれば済む問題ではない」発言と展示を決めた関係者への謝罪要求について

日本軍性奴隷制問題(いわゆる「従軍慰安婦」問題)の被害者の尊厳を冒涜していることを認め日本軍性奴隷制問題(いわゆる「従軍慰安婦」問題)の被害者に謝罪せよ。また「(企画展を)やめれば済む問題ではない」と発言したことが会長代行の職責から逸脱した暴言であることを認め実行委員会ならびに企画展の実行委員会に対し謝罪せよ。

2019年8月 日